読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は僕らを待っている!

ジュニア黄金を懐古。特に96-99年が好き。デビュー組ではタキツバとJフレ中心。文学としてのジャニーズ、ジャニーズという文学。ジャニーズ歌詞の物語解析。

KinKi Kids「雨のMelody」の歌詞解析

前回更新から二か月以上空いてしまいました。

まずは腕慣らしということで、理論云々よりもライトに歌詞解析できるものを選んでみました。

 

雨メロは名曲ですよね~!

私は強火黄金期担なので、キンキ見てバックのジュニア見てで大忙しの楽曲です。みんなかわいいしかっこいい!

 という訳で、早速ですがKinKi Kidsの「雨のMelody」の歌詞の物語解析に入りたいと思います。以前の記事でも述べた通り、作詞家の意図とは切り離し、この歌詞をどのように読めるか、といった視点から論じていきます。副題としてー「雨のMelody」の身体感覚ーと付けておきます。

 

 

 著作権上歌詞の全文引用が禁止されているので、歌詞タイムさんからお借りしました。

以下この記事ではこちらのサイトからの引用となります。

www.kasi-time.com

 

問題提起/論点としては以下の三つを挙げたいと思います。

①「ぼく」の志向と<身体感覚>

②唐突なギターの登場

③「モノや形にできない姿」とは

 

まず①では、語られる「ぼく」の志向性を明らかにし、②では、些か唐突に思える「ギター」の登場を考察していきます。そして③では、「きみ」を「こころにしまっておく」手段としての「モノや形にできない姿」が具体的に何を指すのかを明らかにしたいと思います。

 

 

 

①「ぼく」の志向と<身体感覚>

この物語で、「ぼく」は<身体感覚>で「きみ」を捉え、記憶し、反応しています。

それは例えば、以下のような記述から看取できます。

好きだよ 壊したいくらい 

夢中できみを抱いたね

好きだよ 今でもリアルさ 

きみからもらったキスは

▶「触覚」 で「きみ」を記憶している「ぼく」。「ぼく」は「きみ」のキスの感覚が今でもリアルであると語っている。

 

きみのウワサ 気になってた

次の彼のことも聞いたよ 

▶「ウワサ」や「聞く」という行為によって現在の「きみ」を「聴覚」で捉えている。

 

戸惑う頬に 触れたのは 

温もり覚えてたくて

 

▶「頬に触れ」て「温もり」を記憶する。「きみ」を「触覚」で記憶しようという意図。

 

雨に煙る駅の前で 

不意にきみと すれ違ったよ

ずっと会わないようにしたのに

忘れようとしたのに

きみの香りに凍り付いてたよ

 

 ▶不意の再会で「きみの香り」に凍り付く「ぼく」。「きみ」を前にし、「嗅覚」がまず初めに反応している。

 

このように、「ぼく」は<身体感覚>で「きみ」を認識しているのです。

 

②唐突なギターの登場

雨はギターの涙と叫び

悲しみだけ 包んでく

過ぎた時間はもう戻せない

それはそうさ 確かに そうだけど

 

 

雨はギターの涙と痛み

(以下略)

 

 

雨はギターの涙と迷い

(以下略)

 

 

▶「雨」=「ギター」の「涙」+「叫び」/「痛み」/「迷い」

▶「ギター」はその音で聴覚を刺激する楽器。

▶「涙」(温度/濡れる)は触覚、「叫び」は聴覚、「痛み」は触覚を刺激。では「迷い」は?(←今後の課題)

▶「雨」が他のものに転位することによって、聴覚/触覚といった<身体感覚>へと接近している。

 

些か唐突なギターの登場も、雨を<身体感覚>へと転換させるための装置として読解すれば理解可能です。

 

③モノや形にできない姿とは

Ah 捨てずにいたペアリング

明日 森の奥に隠そう

でも ぼくはきみをこころに

しまっておくだろう

モノや形にできない姿で

 

▶「ぼく」はペアリングという「きみ」との想い出のつまった「モノ」を一時的に目の届かない所に隱す決心をする。

▶「きみ」を「こころにしまっておく」手段としての「モノや形に出来ない姿」。

 

①②で述べてきたように、この物語を<身体感覚>に沿って読解していくとすると、「モノや形に出来ない姿」=<身体感覚>そのものであると読めるのではないでしょうか。つまり、「ぼく」は「きみ」を記憶としてではなく、<感覚>としてしまい続けるのです。<感覚>はモノや形として実体化不可能なものであるため、文意とも矛盾しません。

 

 

 まとめ

この物語において、「ぼく」は「きみ」を<身体感覚>で捉える人物として語られています。「ぼく」は触覚や聴覚、嗅覚で「きみ」に反応し、「きみ」を記憶します。と同時に、「ぼく」には視覚が欠落していることに気が付きます。

物事を<身体感覚>で捉える「ぼく」の志向によって、「雨」は<身体感覚>へと変換されていきます。我々は「雨」を視覚、或いは聴覚(=音)を通して認識し、その触覚(温度/濡れる)で体感します。このように<身体感覚>と一応の関わりを持つ「雨」は、サビにおいて「ギター」の「涙」と「叫び」/「痛み」/「迷い」へと転位します。「ギター」はその音で聴覚を刺激する楽器です。「涙」(温度/濡れる)は触覚、「叫び」は聴覚、「痛み」は触覚を刺激します。「雨」はこの転位によって、直接的な<身体感覚>へと変容されるのです。

物語の最後で、語り手「ぼく」は「ぼくの空に静かに雨が降る」と語ります。つまり、「ぼく」は自分を客体として認識する視点/相対化する視点(=視覚)を獲得したと言えます。「ぼく」は物語の最後で欠落していた視覚を手に入れましたが、これは「ぼく」が<身体感覚>を放棄せず、これからも<身体感覚>と共に生きて行くことを示唆しているのではないでしょうか。このことは、「モノや形に出来ない姿」=<身体感覚>で「きみ」を「こころにしまっておく」という「ぼく」の決意からも看取できると思われます。

 

****

いくつか課題は残りますが、まずはこの位で。

 今回は<身体感覚>に論点を絞ってしまったのですが、「雨のMelody」物語は様々な視点から考察可能だと思います。

ぱっと思いついたものですと、例えば<時間>という視点からこの物語を論じることも出来ますね。「一称過去回想体」として語られ始めたこの物語がいつの間にか「明日」という「未来」を語り出します。「過ぎた時間はもう戻せない」という自分の語り反応し、「それはそうさ 確かにそうだけど」と割り切れない気持ちを表出する語り手「ぼく」。雨メロにおける<時間>とは? うーん、やっぱり「雨のMelody」も論文書けますね~!

歌詞解析における立場②

前の記事では、このブログにおける歌詞の物語解析の方法論を述べましたが、

ttv6.hatenablog.com

今回はこのブログで使われるであろう、より具体的な用語を簡単に解説していきたいと思います。文学理論にかかわる用語は論者によって揺れがありますので、このブログでの意味を定義していければと思います。

 

★テクスト 

上記の記事を御覧ください。

 

★引用

先行言説或いは同時代言を歌詞テクストに取り入れること。物語や言葉に限らず、文化や技術なども引用される。

 

★物語言説/物語内容/物語行為

物語の三つの相。詳しくはジュネット「物語のディスクール」を御覧ください。以下、簡単に説明します。

 

☆物語言説・・・言語的存在としての物語。テクストそれ自体。シニフィアン(概念を指し示す記号表現)。分かりやすく言えば、歌詞の活字や文字そのもの。

 

☆物語内容・・・物語言説から第二次的に抽出される物語世界内部。語られる話の内容。シニフィエ(記号内容が指し示す概念)。歌詞物語の筋、内容。

 

☆物語行為・・・物語の外で語る行為が行われている領域。物語の生産行為。簡単に言えば物語の主体による語り。

 

★作者(作詞家)

考察対象となる楽曲の歌詞を書いたと署名される人。例えば「硝子の少年」では「松本隆」ですし、「Theme of Coming Century」では「JOHNNY K」となります。この際、「JOHNNY K」が「ジャニー社長=喜多川ヒロム」であることはまた別の問題となり検討の必要が生じます。つまり、「作者(作詞家)であるJOHNNY K」と「実生活者でありジャニーズ事務所の社長である喜多川ヒロム」、「署名された作詞家」と「その実体」は一旦は分けて考える必要があるということです。

 

★語り手

物語行為を担う<表現主体>。作者や歌手とは明確に区別された虚構的な発話主体。

「硝子の少年」で言えば「そんな小さな宝石で未来ごと売り渡す君」が「哀しい」と語り、また「硝子の少年時代の破片」が「胸へと突き刺さ」り、「歩道の空き缶」を「蹴とば」す主体としての「ぼく」のこと。

 

★登場人物

考察対象の歌詞の物語に登場する人物。ジャニーズ歌詞の場合「ぼく」「俺」「ぼくたち」「君」「彼女」「あの子」などが多い印象です。前述の語り手は歌詞物語の登場人物である場合もありますし、そうでない場合もあります。

 

★歌手

考察対象の楽曲を歌う人、グループ。このブログの場合ジャニーズですね。黄金期担なので「V6」「KinKi Kids」「タッキー&翼「嵐」「ジャニーズジュニア」あたりが中心となると思われます。

 

★読者

ジャニーズ楽曲の歌詞を読む(或いは聴く)人。歌詞テクストを「物語」として読み、解釈する人。私たち。

 

★異化

使い古され、自動化し日常語を、自動化の手段から引き出し、文学表現の言葉へと転換させる芸術手法。

 

***

必要になり次第適宜追加していきます。

 

本当は歌詞の物語解析の先行論文を読んで、その方法を踏襲して・・・という形で行うのが学術的且つ正統な手続きなのですが、ただの趣味ですし論文出すつもりもないのでゆるーく自分なりの方法で書いていきたいと思います。先行論書いてらっしゃる先生の心当たりはあるので、興味ある方はお申し付け願います。

 

 楽曲の解析なので出来れば曲(メロディー)も考察対象にしたかったのですが、音楽方面の知識がないのでこのブログでは考察の枠外に置きます。(音楽に詳しい方いらっしゃいましたら是非意見お伺いしたいです。)

 

歌詞解析における立場①

「文学理論を援用してジャニーズ楽曲の歌詞の物語解析をする」と一口に言っても様々な方法があるので、まずはこのブログで用いる立場を明確に定義しておこうと思います。

 

基本的に、このブログでは「テクスト論」という立場で論じていこうと思います。テクストとは何か、というとこれはまた複雑な話なのですが、簡単に言えば「作品」に対立する概念です。

「テクスト」とは作者中心主義(作者の意図は?作者の実人生とどう関わりがあるの?といった「作品」の読み方、研究方法など)への批判から生まれた概念で、「作者」を「作品」から切り離して考える際、その文章を「テクスト」と呼びます。なぜ「作者」を「作品」から切り離すのか?それは「作者の意図」は究極のところ誰にも、たとえ「作者」本人にも分かり得ないからです。また、「作者の意図」を重要視してしまうと、「作品」の正解は「作者」のものとなり、「読者」は「作者」の下位の存在となってしまいます。それはおかしいんじゃないの?と考え出されたのが「テクスト」の概念です。「テクスト」では「作者」の存在は切り捨てられ(ロラン・バルト曰く「作者の死」ですね)、「読者」が主体的な存在として誕生します。

「テクスト」は先行、同時代の諸テクストの引用の織物であり、読者が生産行為を行う主体として記号の場に入り、実践的に獲得していくことが要求されます。また、方法論的な場であり、言語活動の中においてのみ存在します

だいぶ簡略に説明してしまったので、詳しくロラン・バルトの著作あたりを読んでいただきたいのですが、とにかくこのような立場に立って歌詞解析をしていきたいと思います。

 

このような立場をとることで、具体的に何が見えてくるか?といいますと、

①「歌詞解釈の可能性の拡大」

 作詞者或いは製作者側の意図の制約から逸脱した解釈が可能になります。

②「歌詞の深読み」という単語からの解放

 歌詞の意味は読者が主体的に獲得していくものとなり、「深読み」という卑下的な単語か自由になります。その根拠が論理的である限り、「歌詞の深読み」「歌詞の誤読」ではなく、「読みの可能性」の拡大なのです。

③歌詞解釈の多様性を保障

 歌詞の正解は一つではなく多様なものとなります。何通りもの解釈にその権利が与えられます。

 

つまり、私たちは「歌詞」の単なる「消費者」から「生産者」になるのです。

ブログはじめました!

はじめまして。こんばんは。
出戻りジュニア黄金期オタのじゃむと申します。
色々な担当変遷とオタ卒を経て今は楽しくタキツバユニ担(翼くん寄り疑惑)してます!
強火に懐古しすぎて黄金期ジュニアはDD状態です。最近は怪談トリオとハラハラとB.I.Gがアツい(定期的に変わります)。あ~黄金期語りたい…!


さて、こちらは文学齧ってる人間が文学としてのジャニーズ、ジャニーズという文学、或いは単に文学とジャニーズを真面目に考察したいブログです。

より具体的に言えば、文学理論/テクスト論を援用してジャニーズの歌詞の物語解析をやりたいと考えております。趣味の一環ですので、先行研究読み込んで~、論文や専門書引用して~、みたいなガチな感じではないですが、可能な限り文学理論に真摯に向き合って"テクストの消費者"ではなく"テクストの生産者"となり、"読みの可能性"を広げていきたいと思います。

専門用語や文学理論についてはその都度解説し、文学に関する知識のない方にも分かるように心掛けたいと存じます。

また、歌詞の解析だけでなく、ジャニーズと関連のある文学作品についても書いていきたいと思います。近代日本文学を中心に考えているのですが、ジャニーズは時代劇にもよく出演してるので、中古中世近世あたりも触れられるかな?
あ、もちろん文学云々関係なく普通にジャニーズ事も書きます!

ブログ自体、約10年振りで不馴れですが、楽しんで頂けたら幸いです。気軽に反応頂けると嬉しいです!